外反母趾の治療を受ければ今までの悩みは即解決する

レディ

体に合わせて選ぶ

ベッド

実際に寝てみましょう

高反発マットレスと聞くと、いかにも固そうなイメージがあるのですが、実は体を包み込んでくれるため、腰痛や肩こりがある人が使うと、症状が改善、もしくは軽減したといったことも珍しくありません。ただし、いろんなメーカーから高反発マットレスが出ていて、微妙に違いがあるため、間違ったものを選ぶと体に負担がかかるので気をつけたいところです。では、どれを選べば良いのかというと、高反発マットレスを販売しているお店に行ったら、店員さんに許可をもらって、一度仰向けに寝そべってみることをおすすめします。高反発マットレスが体重を分散するのかを確認してみて、しばらく同じ格好でいた場合、腰や背中が痛くなるなら別のを探したいです。

動いてみる

眠っている間は、自分では意識をしていないのですが、意外と動き回っているもので、寝相の悪い人の中には、朝起きると頭と足の位置が入れ替わっていることもあるほどです。そのため無理なく体が横を向いたり、うつ伏せになったりできる高反発マットレスが理想的なので、実際に動いてみると良いでしょう。ただし、その場では楽に感じたとしても、腰のあたりでV字に折れる、お尻に行くほど沈み込んでしまうタイプの高反発マットレスでは、時間の経過と共に体のあちこちに痛みが出る可能性があるので、背骨が真っ直ぐになるものにしておきたいです。微妙な歪みがわからないなら、スマートフォンで誰かに撮影してもらっておけば、体がどのようになっているのかが一目瞭然です。